ジュンチャバリ茶園 
如何に差をつけるか?に挑む物語

如何に『違い』を見出すかに挑戦するストーリー

ローチャン・ギョワリ
ジュンチャバリ茶園

 

 

これから始まるのはジュンチャバリ茶園の物語です。ネパール一帯の他の茶園と、如何に『違い』を見出すかに挑戦するストーリーです。

ジュンチャバリは、ネパールにあり家族経営の茶園です。2000年に会社を設立した際は、幼少期に弟のバチャンとダージリンの全寮制の学校に通っていましたが、お茶の知識は全くありませんでした。弟は12年、私は8年もダージリンの寄宿舎に暮らしていたにも関わらず。ダージリンで当時通っていた学校は、プッタボン茶園、シングタム茶園そして、プーブシェリング茶園のような茶園に囲まれた西ベンガル州にありました。ホリデー期間中は3-4日間、川まで向かい、茶摘みが行われている茶園の中でキャンプをしました。教室からは緑の茶畑の素晴らしい景色が広がり、校庭からティースタバレーまでその光景が続きます。茶摘み中の作業員が歌う憂鬱なネパールのラブソングが、授業中の教室でも聴こえることもしばしばでした。このように我々の幼少期は様々な意味で茶に囲まれていたわけですが、全くそれを知らぬままでした。

2000年に我々は茶業を始めようと決意し、東ネパールのあらゆる山々を巡り、茶園プロジェクトを遂行するのに最適な場所を探し求めました。最終決定の要因の一つに、気候問題と温暖化があり、地球温暖化が通常より標高が少し高い場所を選ぶ決め手となりました。最終的に、北緯27度東経87度のネパールのハイルという小さな町の近くのダンクタに茶園を創設しました。ジュンチャバリという名前の由来は、月明かりの茶園の意味です。ネパール語でジュンは月を意味します。また、我々の父に敬意を表し、父の名チャンドラが月を意味することにも機縁します。また、欧州や日本、中国をはじめとするアジア、もちろんネパールのお客様にも分かりやすい名前であることにも配慮しました。ですから、ネパール語で、ジュンは月を、チャはお茶を、バリは畑、菜園を意味します。後に、ジュンは日本語でも中国語でも「純」という漢字を用い、純粋という意味である事に気付きました。「純」という字はまさに、我々のお茶に対するヒマラヤの純粋な哲学を体現した文字であると言えます。

ダージリンで最初に気付いたことと言えば、同じ学校の卒業生、彼らの両親、親戚の多くが茶業従事者であり、中にはマネージャーやオーナーである事でした。しかしながら、茶業をはじめ一年も経たないうちにネパールやダージリンの他の茶園と同じではならないと気付きました。当初に失敗をしていたにも関わらず、他と差異をつけるように試みました。『違い』を見いだすにはどうすべきか?初めに、ダージリンやネパールのイラムにあるような典型的な英国式コロニアルスタイルで、広大な敷地に茶畑を作る計画もありました。しかし、それは間違いだと気付き、土地を買うのを止めました。日本や台湾では茶園が小さく、農家や共同経営で営まれているのを目にしたからです。しかし、日本や台湾をコピーする事も叶わず、2種類の品種の交配を決意し、所有の小さな茶畑を管理しつつ、茶農家と協力することにしました。サイズとしては、当初望んでいた茶畑の1/3におさまりました。

2003年に製茶を開始した当初、ダージリンで一般的な英国式インドの機械ではなく、台湾の機械を導入しました。既存の慣習にとらわれない意図的な決断により、すぐさま茶のバイヤーの目に留まりました。インド式の機械はだいぶ遅れて導入しました。また、ダージリンの体制を見本とするのもやめました。SFTGBOPと分類するのもやめ、ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュとも呼ばずに、我々のお茶をオーソドックスティーとしました。我々はその歴史の一部ではありません。何故なら、わずかに台湾式で製茶し、台湾の機械を用いているため、これをオーソドックスティーと呼べるか否かは定かではありませんが。しかし、高山茶であることは疑いなく、標高1650-2100mに位置し、工場から半径10キロ以内の小さな茶畑から採れた茶葉から作っています。ジュンチャバリの他の独自の挑戦といえば、茶箱を使うのを早々にやめたことです。富士インパルスの脱気シーラーを使い、吉村のアルミ袋を使用した茶園は地域で最初でした。これにより、『違い』を見いだすだけでなく、茶の質が向上しました。

中国の清明節と、日本の懐石料理に刺激を受け、季節を感じることはとても重要だと思います。日本や中国の文化に心を奪われ、お茶は大地の恵みである季節のものというニュアンスから、ファーストフラッシュやセカンドフラッシュよりも季節を重んじる言葉を使います。多くの我々のお客様がその新しい方法を好んで下さり、後押しして下さいます。

(ジュンチャバリの季節のお茶)

○新春-初期の2-3回転のお茶の特徴違いが大きく表れ、3月が特に際立つ時期です。日本の二十四節気の春分の頃に始まります。

○春-2-3回収穫が終えた頃、お茶は春らしくなります。英国式のインド方式ですと、これらはファーストフラッシュに含まれます。4月から収穫を始めます。

○初夏-5月中旬から雨季により6月初旬までのお茶です。

○夏-7月中旬から9月までのお茶です。日本の小暑と大暑の間に始まり、秋分の数日後の雨が止むころまで。

○秋―秋分の雨後から始まり、本格的な寒さが到来するまでのお茶です。

○冬―冬茶は木々の葉が完全に変化し、本格的な冬のシーズンのものです。11月下旬もしくは12月の初旬の最後の収穫までです。

茶園には小さな区画に、P312、B157、AV2のような良質のダージリン品種が植えてあります。ですから、それぞれのお茶には様々な品種をミックスしています。我々が茶業を開始したときに知識がなかったため、ダージリン品種をたくさん植えたのは間違いでした。ネパールのイラムのオールド・インペリアルという品種の茶樹のある区画を買っていたのは幸いでした。我々はゆっくりと過去の品種の選択の誤りを正すべく、オールド・インペリアル品種のほか、台湾、中国、日本産の品種を増やしています。

さらに『違い』について言うと、当初からオーガニックに徹したことです。2001年に購入した最初の苗を含め、全てがオーガニックです。それが茶園の指針となる哲学で、おそらく茶の成長に4-5年を要し、実際のスイスのIMOオーガニック認証を取得したのは2012年です。当初の過ちを全て正すには少なくとも10-20年の時間が必要で、ジュンチバリが完全な『違い』を見せるのはその時だと信じています。我々は、最終的には最初に描いた夢の通りになり、素晴らしい伝説をネパールに、そして次世代に残せると確信しています。

 

– Lochan Gyawali

Kathmandu, Nepal

12 March 2017

訳 Miwa YAMAUCHI