【7/8(土)開催】猿島で手揉み紅茶を作りましょう。

日本茶インストラクター協会とteaholics共催の手揉み紅茶作りのイベントのご案内です。

紅茶を作るには、

❶摘採(茶葉を摘む)

❷萎凋(水分を蒸発させながら香りを引き出す)

❸揉捻(茶葉を揉んで発酵(酸化)を促します)

❹発酵

❺乾燥

の工程が必要です。なかなかの重労働ではありますが、オリジナル紅茶が完成した時の喜びはひとしおです。

今回は❷の途中から体験出来ますが、ご希望の方は❶摘採にも参加が可能ですが、その際は2日連続でのご参加をお願いいたします。

さしま茶とは

「さしま茶」=元祖グリーンティーとしての歴史。

1382年代頃からはじまったとされる栽培当初は「日乾法」といわれる技術で行われていた為に他の地域にくらべ品質が劣り、1824年より宇治に製法を学び品質改善を行い、江戸の街で人気のお茶に成長しました。現在も、茶業の改善・発展の試みは続き近年では「さしま茶手揉み保存会」を発足。機械ではない伝統の茶揉み技術伝承にも力をいれています。

1853年ペリーが黒船で来航したのをきっかけに、開国通商に強く反対する声が多かった中、地元の豪農中山元成により約5年をかけて長崎や伊豆下田のハリス、横浜などへの交渉に根気強く出向き、1859年(安政6)に、アメリカ壱番館のポール商会の貿易主任と筆談で交渉を実現、日米修好通商条約締結を全国に先駆けて結んだことから、海外へ日本で初めて輸出された日本茶“元祖グリーンティー”としても有名です。

(飯田園ウエブサイトより引用)

日時:2017年7月8日(土)

   9:30-16:00

場所:丸太園

           茨城県古河市東諸川7番地

定員:15名

料金:6,000円

         (食事代、古賀駅から茶園までの往復交通費込)

持ち物:エプロン、バンダナ、タオル

服装:動きやすい服装で、帽子着用でお願いします。

主催:❶日本茶インストラクター協会茨城支部

              ❷teaholics

問い合わせ先:teaholics

会場の丸太園さんは、180年続く名家で、現在は16-18代目の3代が現役でお茶作りをされています。素敵な蔵や、エコファームを堪能出来る素晴らしい会場です。日本茶インストラクター協会茨城支部の皆さんはとても結束力があり、参加される皆様も楽しく、美味しい紅茶を作れます。

【タイムスケジュール】

9:30  古河駅集合

10:00揉捻

12:00発酵

12:20 昼食

14:00 

16:00解散

※古賀駅へのアクセス一例

❶(渋谷→古賀)乗り換えなし

8:02 渋谷駅 JR湘南新宿ライン宇都宮行き

9:20 古賀駅着

❷(新宿→古賀)乗り換えなし

8:09 新宿駅 JR湘南新宿ライン宇都宮行き

9:20 古賀駅着

【お申込方法】メッセージまたはメールにてお名前、ご住所、ご連絡先をお知らせ下さい。参加料のお振込先をご案内致します。お振込をもって、参加が確定いたします。

info@teaholics.co.jp

【キャンセルポリシー】

●生葉や特別な道具を手配する関係から、キャンセルは1週間前から半額を申し受けます。3日前から100パーセントのキャンセル料を申し受けます。

●代理出席も可能です。その際はご連絡ください。

●無断欠席の場合、今後のイベントへの参加をお断りすることがございます。