ニルギリ

現地語でニル(青い)、ギリ(山)、よって、ニルギリは青い山を意味します。このエリアには草原や密林が広がり、インド豹、ナマケグマ、バイソン、野生猪や絶滅危惧となった象もいるほか、極めて珍しいベンガルトラも生息しています。

標高は3,000m、年間降水量は2,000mmを超えます。1840年に茶栽培が始まり、現在の栽培面積は6万エーカーに広がりました。

ニルギリといえば、生産量は限られますが冬期に作られるフロストティーが有名です。急冷により、茶の成長が緩慢になり、茶葉の中にポリフェノールが凝縮されることで茶葉に甘く薔薇のような風味が生まれ、まるでアイスワインのようです。

そして、その素晴らしいお茶をteaholicsでは産地直送で皆様にお届けできることを大変嬉しく思っております。