ケニア

20世紀初めに英国人が持ち込んだ茶の苗木が植えられ、現在ではケニアは世界で第3位の茶の生産量を誇っています。標高1,500‐2,700mの高地で農薬や化学肥料を使用せずに栽培され、そのクオリティは高く安定しています。